歯医者で治療できる主な内容

歯医者では虫歯や歯周病といった口腔に関する疾病の治療以外にもさまざまな治療を行っています。矯正治療もその1つです。矯正治療は、「矯正歯科」と呼ばれる診療科を標榜する歯科医院で提供されています。歯並びを整えたり噛み合わせを改善したりするのが主な目的で、審美治療としての側面も有しています。歯並び全体を治す場合もあれば、特定の歯のみを移動させる治療もあります。

矯正治療の種類

歯科矯正

表側矯正

表側矯正は、最もポピュラーな矯正治療の方法です。ブラケットと呼ばれる治療器具を歯の表面に取り付け、歯並びを整えます。ブラケットは1本1本の歯にあてがうコマのような部分とワイヤーとで構成されており、コマをワイヤーでつないで引っ張ることによって歯を動かします。

裏側矯正

裏側矯正は、またの名を舌側矯正とも呼ばれています。ブラケットを使う点では表側矯正と同じですが、歯の表面ではなく裏側に沿って取り付けるという点が異なります。そのため、矯正治療中であることが外からは分かりにくいという利点があります。費用は歯科医院ごとに異なりますが、一般的には表側矯正よりは高めとなります。

マウスピース矯正

マウスピース矯正は、樹脂製のマウスピースを歯に装着する治療法です。あらかじめ歯の動く過程をシミュレートし、それに合わせて制作された複数のマウスピースを順次付け替えることで治療を進めて行きます。マウスピースは透明なので目立ちにくく、また自分で着脱可能なため食事中や歯磨き中などには自由に取り外すことができ、衛生面に優れているという特徴があります。

インプラント矯正

インプラントといえば失われた歯を補完するための治療材料として知られていますが、矯正治療専用のインプラントもあります。これを使って行うのが、インプラント矯正です。矯正用のインプラントは小さなネジ状の金属で、顎の骨に直接埋め込むことができます。インプラント矯正では、このインプラントを固定減として、てこの原理を応用して歯を動かします。動かしたい歯だけを思い通りの方向へ動かせるため、他の治療法に比べると治療期間が短くて済むという利点があります。

気になる歯並びは矯正歯科で治療しよう【矯正歯科の基礎知識】

親子

矯正治療を受けることで得られるメリット

矯正治療には、健康面と美容面の2つのメリットがあります。
まず健康面においては、咀嚼機能や噛み合わせの改善があります。食べ物をしっかり咀嚼することで内臓への負担を減らしたり、歯ぎしりを原因とする頭痛や肩こりを軽減したりといった効果が期待できます。また、言葉の発音が明瞭になるという効果もあります。さらに小児矯正の場合は、後から生えてくる永久歯の歯並びを整えるのにも役立ちます。
一方、美容面においては何と言っても美しく整った歯並びが得られるという点に尽きます。人間的な魅力の向上につながりますし、口元を気にせずに人前で話をしたり会食したりすることができるようになるという、心理的な効果も見過ごすことができません。

マウスピース

矯正治療を受ける時に気をつけること

矯正治療を受ける際にまず気をつけるべきなのが、治療期間がかなりの長きにわたるという点をよく理解しておくことです。
矯正治療の治療期間は短くても数か月、長ければ2〜3年に及ぶことがあります。そしてその間、通院も定期的に必要となります。そのため、治療を担当する歯科医師との良好なコミュニケーションが非常に重要になってきます。受診する際は事前に十分な打ち合わせを行い、治療方針や具体的なスケジュールなどについて説明を受けるとともに、医師との相性などについても考慮したうえで治療先を決めるようにします。また、矯正治療は顎変形症など特定の疾病治療に伴う場合を除いては、公的保険の適用外となります。費用は全額自己負担となり、その額は歯科医院ごとに異なるのが基本です。そのため、治療先を選ぶ際は事前に治療費についてもきちんと打ち合わせておくことが推奨されます。